ヒアルロン酸って粉末なの??

友人達に、つくるコスメの美容液の作り方、海洋深層水のコスメウォーターに、ヒアルロン酸の粉を入れて・・・と説明すると「えっ、ヒアルロン酸って粉なの??」と驚かれることが。

手作りコスメ実践派の方には、常識的なことかも。なんですが、ヒアルロン酸はもともとは白い粉末で、水に溶かすと無色透明のとろっとした液体=ヒアルロン酸水溶液になります。

化粧品には、粉末または水溶液で使用されています。原液として市販されているヒアルロン酸の多くは、粉末のヒアルロン酸を精製水で溶かした水溶液で、その濃度は1%~1.5%が標準的。

という私も、つくるコスメをはじめるまでは「ヒアルロン酸=液体」と思っていて、工場で「これがヒアルロン酸です」と見せられた時に「えっ、粉なの??」と驚いたんですよね。それまで「ヒアルロン酸100%原液」という製品を使っていたので、粉というイメージがなくて。

私の使っていた100%原液は、ヒアルロン酸原末を精製水で1%濃度に希釈した水溶液でした。ただ、効きそうなのは1%よりも100%ですよね。

そのせいか、つくるの美容液は、「ヒアルロン酸1%の美容液」と言うと、「薄いんだね。あんまり効かないんじゃないの~」と言われてしまうことも。

どうも市販されている「ヒアルロン酸100%原液」をさらに薄くするような印象があるようで・・・最近は「ヒアルロン酸100%原液を自分で作ると思って」と説明を。その方がわかりやすいようです。

[追記]写真は旧製品です。現在は、より作りやすくリニューアル。パウダー入りのボトルにつくるコスメウォーターを入れる作り方に変更いたしました。2013.1

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ