100%美容原液の素朴な疑問

geneki2手作り化粧品の材料やスペシャルケアアイテムとして販売されているヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなどは、「100%美容原液」として販売されている製品が多いですよね。

この100%なんですけれど・・・

買う側・使う側だった頃は「100%かぁ。濃くて効きそう!!」と単純に思っていたんですが、この頃、その成分表示が気になって、気になって。

ショップに行くと、ラベルの表記成分を見るのが習慣になっていますが、100%の定義・・・今ひとつわからないんですよねぇ。正直なところ。

たとえば先日も書きましたが、化粧品原料のヒアルロン酸は、もともとは粉末。

工場で製品を作る際は、粉末、あるいは、精製水で1%~1.5%に希釈したヒアルロン酸水溶液を使用していて、いわゆる「ヒアルロン酸100%原液」はこの「ヒアルロン酸1%水溶液」のこと。

専門家には「どちらも同じことですよ」と言われるんですが、1%と100%って違うんじゃないかなぁ・・・と、これは感覚的に。ですが。

そして、販売されている美容原液の多くは、防腐・殺菌剤を含みます。

これらの添加については諸説ありますが、化粧品の劣化、腐敗を防ぐために、安全性が十分に検証されたものを必要最少限添加することは、特定のアレルギーを持たない方にとっては、必ずしも「入っているから悪い」とは言えないと思っています。

ただ、「完全無添加の手作り化粧品を作りたい」という方にとっては、材料に望まない成分が含まれていたのでは、ミネラルウォーターに水道水で作った氷を入れるようなもので、余計なもの、混ざっちゃいますよね。

さらに、製品によっては、BG、グリセリンなど他の保湿成分を含むもの、あるいは、粘性を高めるキサンタンガムなどの増粘安定剤を含む製品もあります。

これも、悪いということではなく、たとえば、ヒアルロン酸はグリセリンと相乗効果が高い保湿成分ですし、より良い感触にするという目的で配合している成分もあります。ただ、「100%と言えるのかなぁ、これって??」とちょっと考えてしまう製品もないとは言えません。

化粧品を選ぶ時、ラベルに大きく効きそうな成分名が書いてあるとか、100%と書いてあるとか、そうしたネーミングやデザインのイメージに左右されたり、価格が高いから効きそうと思うことも多いんですが、自分が使っている、あるいは、これから使おうとする製品の成分や配合を確認して比較してみる、そもそも何が含まれているのか、どんな働きの成分なのか、どんな配合なのかを知ることも大切だと思います。

この仕事をはじめてから、いろいろな専門家の方の話を聞いたり、あらためて調べたり、皮膚の構造を学んだりしているんですが、これだけ長く化粧品を使いながら、はじめて知ることも多く驚くほど。知ることって、キレイになることに繋がるのかもしれない。と思っています。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ