肌診断でマイナス10歳の結果が

hadashindan一昨日、ファンデーションを買いに銀座のデパートに立ち寄り、「せっかくだから、肌のチェックをしてもらおう」と、細胞ネットワークからの診断、画像、センサーでの解析を。

ビタミンC誘導体の化粧水とヒアルロン酸の美容液=つくるコスメのシンプルケアをはじめて、開発段階を含めると1年以上。他のトコロで肌診断をしてもらうのは、成績表をもらうような感じです。

結果は・・・・
「マイナス10歳以上のバランスのよい状態」というデータが画面に!

特に良かったのが「活力レベル」。加齢と共に低下する新陳代謝、ターンオーバーへの活力が★印で、弾力、セラミド量、血流は30代水準以上(私は40代後半です)、メラニン状態、ケラチン状態、肌表面水分は、平均よりやや良いというところだったんですが、全体的にみて「とっても、いい結果です」とのコメント。

肌の内側が活き活きとしているというのは、本当にうれしい結果で、その後、人と会うたびにグラフを見せ、熱く語り・・・・そのうちに「次は、さらにいい結果を!そのためには・・・」と貪欲な気分になったんですが、これが、過剰なスキンケアに走ってしまう原因ですね。

劇的な好転を求めるのではなく、シンプルケアを淡々とでした・・・今までのスタイルを続けます。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ