安くて良い基礎化粧品を探して

cosmetic02「良い化粧品、効果のある化粧品は高い」「安い化粧品は、やはり駄目」というのが、一般的なイメージ。過去のコスメジプシー経験のなかでは、ともかくいろいろな基礎化粧品を試してみたんですが、なかなか「コレだ!!」という製品に出会うのは難しいですよね。

・・・と、あらためて、そんな話になったのは、つくるコスメの価格についてなんですが。

「安いけど、ホントにいいの?」という印象もあるようで、友人達からは「安ければ良いというもんじゃないと思うよ」という意見も。

一方、最近、特に食品関係で「わけあり商品」が売れている様子。形が悪いなど少々難あり。理由があって低価格という商品。

コスメの場合、「安くて良い」と伝える商品は、「容器や宣伝にお金をかけない」あるいは「工場からの直販」という理由が多いですよね。

つくるコスメの場合も、工場との提携、ネット限定、容器の簡易化、ホームページの社内制作など、低価格でご提供するための工夫をしています。

ただ、これは、結果的な表現かもしれません。今の価値に見合う価格=低価格というのが、率直なところです。

私はもともと広告・マーケティングの仕事をしてきたんですが、価格戦略はとても難しいものだと思います。

大切なことは「お客様にとっての価値」で、安くても価値がないものは選んでいただけないことに。この「価値」をどのようにお伝えし、また、実感、納得していただくかが課題です。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ