ピーリング系パック・やりすぎに注意を!

sample01最近、いろいろな自分用コスメも手作りしているんですが、つくるコスメの新製品の方も最終ツメの段階に。

春の第一弾は、ピーリング系のパックを予定していて、週末、ほぼ最終が室戸から届きました。

試行錯誤の結果、A or  B、2種類のいずれかにという予定で、テクスチャーなど決まりゴトの確認の後、顔半分ずつ=とか、それぞれをとか、しつこく試していたら、予想通り、熟睡で回復した肌が、再びカサカサっと・・・・完全に、やりすぎです。

仕事は別としても、こうした「落とす系」のパックは、事後のスッキリ感に魅せられて、ついつい、「あともう少しでつるすべ肌に??」と、頻繁になりがち。

しっかり汚れは落ちているのに、こうしたパックを繰り返すと、当然、乾燥も激しくなり、毛穴が開いたり、肌荒れを起こしたりと、いいコトはありません=私が証明です??

ということで、只今、化粧水で潤いチャージ中。

こんな時は、焦ってアレもコレもとやりすぎると、逆効果。肌にたっぷり、ゆっくり水分を与えて、優しい保湿ケアでいたわることにしています。

ピーリング系のパックは、貯まりがちな肌の汚れを落して、ターンオーバーのリズムを整える意味でも定期的に取り入れたいアイテム。ただ、何事もやりすぎは禁物ですね。

成分、内容にもよりますが、一般的には、週一回、多くても二回までに留めるのが懸命かと思います。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ