食事で美肌・イワシのセラミド煮?

iwashi化粧品成分のコトにハマりすぎたので、ちょっとひと息・・です。

スーパーに行ったら、つくるコスメの地・高知産のイワシを発見。久々に、梅干煮を。日頃、あまり食べないイワシですが、実は美肌効果は抜群。

コスメの説明にもよく出てくる「角質細胞間脂質」。イワシには、肌のキメを内側から整える働きをする細胞間脂質を増やす働きが!!

圧力鍋に重ならないように並べて、水を100CCほど。日本酒と酢を大匙4、砂糖大匙3、しょうゆを大匙5。が教科書レシピですが、まずはこれで煮て最後に調整を。

種を取った梅干2個と生姜の薄切りを入れて、フィスラーだと20分加熱で急冷。その後、煮詰めて完成です。

仕上げに生姜を添えて。って、写真を見ると荒い切り方・・・テキトー感炸裂ですが、ホントは繊細に針生姜が正解です。

少し時間はかかるんですが、ほとんど圧力鍋が作ってくれる感じ。冷蔵庫で保存OKなので、美肌のために数日。たまには、こういう煮物もいいものです。

見た目は今ひとつなんですけどね。地味~な感じで。

コラーゲン鍋のように、肌によさそうな名前なら・・・細胞間脂質と言えばセラミド??・・・・ということで「イワシのセラミド煮」。やや行き過ぎですが、食べたくなりそうな名前じゃないと、青魚、実は苦手で。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ