週末の泥パック・クレオパトラも愛用とか

photo03週末は、どういうわけかいつもより早く目が覚めて、恒例の早朝バスタイム。沖縄の泥パックでお肌スッキリ!!の只今です。

大地の粘土層などから採取されるクレイのパックや泥パックは、採取される場所によって成分が異なり、白やピンク、黄色、グリーン、プルーなど色の違いがあるのも特徴。

吸収、吸着力に優れ、余分な汚れを落としてくれるので、毛穴対策はもちろん、ターンオーバーのリズムを整えるためにも定期的に取り入れたいアイテムです。

ところで、クレオパトラがプラセンタを愛用していたというのは有名な話ですが、なんとナイル川の泥でパックしていたとも。

ナイルの泥で肌汚れをリセット。プラセンタでチャージが美の秘策だったのかも?

沖縄の海泥を使ったクチャパックは、つくるコスメのイチ押しで、このところ毎度しつこくのご紹介ながら・・・ホントにいいんです。コレ。

40歳を過ぎて毛穴の開きが気になりはじめてから、あらゆるピーリング系パックを試してきましたが、沖縄のエステで体験したクチャパックのさらっと、ぴたっと、すっきり、肌・つるさらっな感じは、目からウロコだったんですよねぇ。

クチャの微粒子が、他のクレイと比較してものすごく細かいので、この実感になるんですが、パックの後は、化粧水、美容液の入り方も違う感じ。なんというか、詰まりが取れて、グングンと入っていく感じで。

ともかくこれを自宅で再現したくて、つくるコスメをはじめたようなもので、ついつい熱く語ってしまいます。

琉球クチャパック
TASU+クリアマスクについてはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ