海洋深層水とコラーゲンの関係

science01いろいろとコスメを探究していくと、やはり行きつくところは「水」かな。と思ったりもします。

化粧水や美容液は、材料のほとんどが「水」ですし。

手作りコスメに使用する水は精製水が一般的ですが、プラスする美容成分はあまり濃すぎても逆効果ということを考えると、水そのもののパワーにもこだわりたいもの。

つくるコスメの水は、すべて海洋深層水を使っています。一番のポイントは、最近の研究で、海洋深層水のミネラル成分が、皮膚の弾力性の鍵を握る「線維芽細胞」の活性化に働きかけることが明らかになってきたこと。

線維芽細胞は、真皮を構成しているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを産生する真皮に存在する細胞ですが、この繊維芽細胞を活性化させることによって、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成力を高め、肌のハリ・弾力が保たれます。

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸。どれも魅かれる名前。

できれば、混ぜるパウダーや原液などもラインナップしたいところですが、手作りコスメの材料としての扱いやすさを考えると、ヒアルロン酸以外は、コレという原料に出会えずにいます。

今のところは、より深く。海洋深層水やビタミンC誘導体のように、コラーゲンを作り出すパワーに注目しているトコロです。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ