手作りコスメをはじめて変わったコト

nano_01昨日は、久しぶりにデパートのコスメフロアへ。どのコーナーからも美のオーラがっ。まさに、激戦コスメ・最前線エリア。

「いいなぁ、この容器・・・」みたいな、チープなプラ容器メインのつくるコスメを思いつつ見入ってたりもして。やはり、サイエンス系のパッケージには、魅かれるものがあります。

手作りコスメ系のシンプルケアをはじめて、まもなく2年近くに。

肌は、本当に良い方向に変化しています。はじめのうちの物足りない感から、粗食系のケアに肌も慣れ、特に気になっていた毛穴の開きは、今やまったく。不思議です。

アレコレ使わず、汚れを落としてしっかり保湿が、私には合っていたんだと思います。

肌質がシンプルに変わってきたコトは一番大きい変化ですが、もうひとつは、基礎化粧品の匂いに敏感になったこと。

もともと、ごく普通の肌質。コスメジプシー時代はともかくイロイロ試してましたが、トラブルが起きたという経験もなく、よほど香料の強いモノ以外は大丈夫なタイプ。

ところが昨日、テスターコーナーで以前に使用していた化粧水を使ってみようとしたら・・・思いっきりムセました。ナニに・・・・アルコール?ちょっと不明なんですが。どうも、匂いに敏感になってきたようです。

だから市販の化粧品はダメということではなくて、その変化に驚いた昨日。

新製品も見て回りつつ、まぁ、そこまで手作りで再現しようなどと無謀なコトは考えず、引き続きシンプルを極めようとあらためて、です。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ