無添加化粧品とは言いません

science02つくるコスメの製品は、無添加化粧品という表現はしないようにしています。

成分はシンプルですが、常温で安心してお使いいただけるよう安定・防腐剤として、フェノキシエタノール、ペンチレングリコールを使用しています。

「無添加」の定義については、これまでもいろいろと調べてきたんですが、旧指定成分、パラペン、合成界面活性剤、合成香料や合成着色料、アルコール、鉱物油を使用していない=無添加というケースが多いよう。

代替としてフェノキシエタノールなどが使用されている製品もあって、そうした意味では、つくるコスメも「無添加」とは言えるものの、今ひとつ定義が理解できないので、止めておこうと。

アレコレと過剰に危険性を訴えたり、化学的なモノは良くない、無添加が最も良いという断定的なコンセプトは、どうも好きになれないという個人的な考え方もあります。

自然・植物由来だから肌に良い、化学的なモノは肌に悪い。防腐剤が入っているものは肌に悪い、入っていないものは肌に良い。

基礎化粧品の良し悪しは、そんなふうに単純に判断できるものではないということを、専門家の皆様の話しを聞くたびに思うことも理由です。

最近、敏感肌の方から「無添加なんですか?」というご質問をいただくことが増えてきまして、ブログでもあらためてです。

曖昧な無添加ではなく、入っているモノ、入っていないモノ。その内容をお伝えし、サンプルなどで実際に肌に合うかどうかをお試しいただきたいと思っています。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ