リップクリームを作ってみました

lipこの数日、唇の乾燥が気になり、リップを作ってみました。このところ慌しく過ごしていて、久しぶりの手作りコスメです。

確か、生活の木で購入した「手作りリップキット」があったはず。と、探して発見。だいぶ古いので、容器だけを使うことにして、レシピを参考にアレンジ。

材料は、ミツバチの巣から取れる天然ワックスのミツロウ(黄色)2グラムと植物性オイル5ml。

セットはホホバでしたが、贅沢にオリーブスクワランに変更。基本はこれだけですが、ヒアルロン酸も入れてみることにしました。

作り方は、オイルとミツロウをビーカーに入れて湯せんで溶かして混ぜ合わせ、ケースに注ぎ、2時間ほど放置して固めるだけと簡単。

とりあえず、電子レンジで溶かそうと1分ごとに様子を見たものの・・・まったく形状に変化なし。「乳化ワックスならそろそろ溶けているはず」と不安になり、湯せんに切り替えました。

それでも、溶けるまで、かなり時間が・・・レシピを見てみたら「5分ほどで溶けてきます」と。はじめから、よく読むべきでした。湯せんをしながらの5分間、結構長いものです。

そして、ここにヒアルロン酸を数滴入れたところ、白く乳化し凝固しそうに・・・あわてて混ぜて、すぐにケースに注ぎ入れました。

ナニかイケなかったのかも・・・まぁ、最終、混ざったのでいいかと。大らかな自己流です。

完成品は、かなりリップっぽい見た目。

使用感は・・・いいかもっ。保湿リッチ系リップな感触で個人的には満足。一瞬、その変化にぎょっとしたヒアルロン酸は入れなくてもよかったのかも・・・。

問題があるとすれば、5分の湯せんですね。かなり熱くなるので、注意した方がよそさうです。あとは、ミツロウの臭い。まさに「ロウ」な臭いがほんのり。

ほとんど気にはなりませんが、容器に注ぎ入れる前に、ハーブパウダーを入れるというレシピもありました。私は無香料派なので、自然でいいかな、と思っています。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ