手作りコスメの容器・燕三条の「コスメ用マイボトル」期待してます

bottle簡単なようで難しいのが手作りコスメの容器選び。プラスチック容器のエタノール消毒は抵抗があるという方も多く、無理なく簡単に消毒できて、安心して使い続けることのできる容器はないものかと、いつも探しています。

個人的には、クリームやソルトなどは、ドイツのガラスメーカーWECKのキャニスターを使用中。

化粧水などは、ハリオグラスのポンプボトルやスプレーボトルなどもサイエンス系で見た目のテンションが上がるんですが、200mlとちょっと大きいのが難点で、アロマ用の遮光瓶を使っています。

そんななか発見したのが「燕三条『学生』ビジネスアイデアオーディション」の記事。

新潟県・燕三条地域の工商農業の素材や技術を活用した新しい商品企画のアイデアを募集しているコンステストで、昨年の最優秀賞は、真空二重構造使用!ステンレス・チタン製『コスメ用マイボトル』。素晴らしい!!

新潟大学・女子のアイデアで、真空2重構造を利用したチタン及びステンレス製のコスメ用ボトル。化粧水や乳液、香水の温度による変質を真空2重式構造により守るというもので、洗いやすさを重視したとか。

こういう容器が手軽に購入できるといいですよねぇ。昨年11月の発表なので、製品化はまだ時間がかかると思いますが、とても期待しています。

100円ショップにもいろいろな容器がありますが、プラスチック製のものは材質によって、消毒方法や耐熱温度の差、内容物を選ぶ場合もあります。

PE、PP、PET、PVCなど容器の下部に材質名が書いてあるので、ネットでその性質を調べてから使用された方が良いかと思います。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ