辛そうで辛くないラ―油を手作りしてみました

taberu話題の辛そうで辛くないラ―油。発売当初からリピしていたものの、ずっと品切れ。そして、今日も入荷待ち。ラ―油は、ごま油と唐辛子で作れるはずなので、にんにくとねぎを入れればいいのでは??と、先程、失敗覚悟で自作してみました。

かなりテキトーなレシピですが、材料は、にんにく丸ごと1個、長ねぎ1/2本、赤唐辛子(S&Bの菜館 輪切り唐辛子3.5g・1袋)、花椒(ホール)、ごま油、しょうゆ、砂糖。

材料ヒタヒタより少し多め(100cc強ぐらい)のごま油を熱し、みじん切りにしたにんにくと長ねぎ、赤唐辛子、花椒数粒を加えて、クッキングヒーター強、その後、ごく弱火の1にしてゆっくり加熱。

木べらで動かしながら15分ぐらいすると、にんにくとねぎが少しずつ香ばしいキツネ色に。濃いキツネ色になるまで熱して火を止め、香りづけのごま油、砂糖、しょうゆ各少々を加えてみました。

しょうゆを入れた時にジュワっと勢いよくはねて、一瞬ギョッとしたものの、見た目は、かなり近い感じに。

冷まして試食。「美味しい!!」。が、ナニか足りない・・ということで、瓶にこびりつくように残っていた本物と普通のラ―油をちょこっと加えてみたら、ぐっとそれらしくなりました。

キッチリとしたレシピでなくても、後からの調整で何とかなりそう。別の材料を加えて、アレンジしてもいいかもしれませんね。

思っていたよりも簡単だったラ―油の手作り。カプサイシン効果で新陳代謝UPも期待できるかも?

【追記】テレビでもレシピが紹介されていました。にんにく、玉ねぎのみじん切りをそれぞれ別々に揚げ、ボールにあわせて魚粉、こぶ茶で味付け。油と一味唐辛子を熱し、混ぜ合わせて完成というレシピ。その方法もアリかもしれません。今度作ってみます。(2010.4.16)

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ