クリームのような手作りスクラブ。沖縄の海塩で

olinawascrub沖縄に住む友人が持ってきてくれた「ぬちまーす」でボディスクラブを作りました。

沖縄の海塩「ぬちまーす」は、海水を細かな霧状にして水分だけを蒸発させ、空中で瞬間的に海洋成分を結晶化する「ドライミスト製法」で作られた特別な塩。海のミネラルがしっかり凝縮されています。

塩というよりはパウダー。細かなサラサラ粒子が特徴で、スキンケア専用の「シルクソルト」も販売されています。

そのまま微量の水で溶くだけでもOK。今回は、ハワイのスパメニュー「ハワイの塩とマカダミアナッツのボディトリートメント」を参考に、マカダミアナッツのオイルと合わせてみました。

大匙1のぬちまーすに、オイルをごく少量ずつ加えながら混ぜるだけ。スクラブというよりも滑らかなクリームのような仕上がりです。

角質の気になる部分を優しくマッサージ。私は、その後にボディシャンプーを使いましたが、お風呂上りはしっとり。

ボディスクラブは、ほんの少し材料を変えるだけで、いろいろな手作りができるアイテム。春に向けてのボディ磨きにおすすめです。

>>つくるコスメのホームページへ

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ