カテゴリー別アーカイブ: ヒアルロン酸・美容液

キューピーのヒアルロン酸

mayonnaise週末は、朝のバスタイム&泥パック後に一週間分の買い物に。

「そういえば、マヨネーズがなかったな」とカートへ。やっぱりマヨはキューピー派です。

以前にもご紹介しましたが、つくるコスメの低分子ヒアルロン酸もキューピーの原料。

ヒアルロン酸は、鶏冠(トサカ)から抽出されるので、マヨのキューピーとは深い関係が。キューピーのホームページを見ると詳しく紹介されています。

1983年からヒアルロン酸の研究開発を始め、国内で唯一、鶏冠(トサカ)からの抽出法と微生物による発酵法の二つの方法でヒアルロン酸を研究・生産しているそう。

つくるコスメで使用している原料は、ヒアロオリゴ(R)という浸透型の低分子ヒアルロン酸。

美容液で使用している高分子のヒアルロン酸は、皮膚の表面をフィルムのようにカバーして保湿効果を示しますが、ヒアロオリゴ(R)は角質層まで浸透し、皮膚に潤いを与え、従来のヒアルロン酸と比較して、高い浸透性と持続性があるのが特徴です。

「つくる美容水・低分子ヒアルロン酸」は、標準タイプでも0.5%と高濃度。いつものお手入れにプラスしていただくと、ぐっと潤い、しっとり感がUPします。

さらっとしてベタつかない感触ですので、これから気温、湿度が高くなる季節の保湿ケアにおすすめです。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

夏の保湿・ヒアルロン酸選び

tasu01夏モードの沖縄。今回の滞在で活躍しているのが、低分子ヒアルロン酸のミストです。

保湿は一年を通じて欠かせないものですが、夏は、さらっとした感触で、しかも、たっぷり潤うタイプがBETTER。

低分子ヒアルロン酸は、成分表に加水分解ヒアルロン酸と書かれているもので、従来のヒアルロン酸と比較して浸透性、持続性が高く、粘性のない水のような感触が特徴。

「とろっとしている方が潤いそう」というイメージを変えるナノサイズの低分子ヒアルロン酸は、ベタつき感がなく、すぅっと肌に入ってくれる感じです。

このミストは0.5パーセント濃度。「えっ、薄そ~」と思われるかもしれませんが、市販のヒアルロン酸コスメは、配合量0.1パーセント以下という製品も多いので、保湿パワーは十分かと思います。

まぁ、濃ければいいというわけではないんですけれど、ピュアな原液として使用するなら、0.5パーセント~1パーセント濃度がおすすめ。1パーセントだと夏は少し濃いかなぁ・・・という感触。手作りコスメにプラスするとしても、このくらいの濃度が扱いやすいと思います。

さっぱり潤う夏のヒアルロン酸。つくるコスメでは、手作りキットと完成品をラインナップしています。

※写真を新ラベルに変更しました。2013.1追記

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ヒアルロン酸の低分子、高分子ってナニ?

tasucosme001最近、よく目にする低分子、高分子という美容成分の説明。

つくるコスメのヒアルロン酸も低分子と高分子があって、ブログでも何度かご紹介しているんですが、「どう違うの?」という質問を受けることがよくあります。

原料メーカーの方や開発担当の説明は、私には、もう一度小学生の理科から勉強しないとダメかも・・・と思える難しさなので、分子とはそもそも・・というトコロは省略して、簡単に。

諸説はあるんですが「低分子=肌の内側にチャージ。高分子=肌の表面をカバー」というのが、一番わかりやすかった説明です。

大きな違いは、まず、感触。
ヒアルロン酸=美容液=とろっとした粘性のある感触。というのが、イメージとしてありますが、低分子のヒアルロン酸は、まったく粘性がなくて、水のような感触。

「これって、本当にヒアルロン酸なの?」というのが、初めて試した時の印象。これは、低分子のコラーゲンなども同じ感触でした。

低分子ヒアルロン酸は、ナノサイズで角質層に浸透することで、肌の内側から水分を保持する働き、従来の高分子ヒアルロン酸よりも持続性が長いという比較報告がされています。

また、ヒアルロン酸特有のベタつき感やツッパリ感が少ない感じ。成分表には「加水分解ヒアルロン酸」と表記されています。

一方、従来型のヒアルロン酸。成分表に「ヒアルロン酸Na」と表記されているものは、鶏トサカ、乳酸球菌の由来によっても若干異なるんですが、とろっとした粘性のある感触で、肌表面の水分の蒸発を防ぐ働きが。これも他の成分の高分子タイプも同様の感触でした。

ただ、ヒアルロン酸Naだけの原液を試してみると、少しパリッとつっぱる感じ。相性の良いグリセリンを加えることで、保湿力も、感触もより良くなるようです。

完成化粧品には双方を配合しているWヒアルロン酸タイプ。化粧水には粘性のない低分子、美容液には粘性のある高分子を配合しているタイプ。低分子と他の原液成分をあわせて配合しているタイプが多いよう。

手作りの場合も、こうした分子量による感触や働きの違いで材料を選ぶというのもありだと思います。

[追記]写真は旧デザインボトルです。2013.1

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

原液を手作り・ヒアルロン酸美容液の作り方

essence1201「手作りコスメは面倒そう・・・」という方に、工場ブレンドの完成品もご用意している「つくるコスメ」ですが、できれば、手作りしていただきたいな。と思っています。

作り方は、意外と簡単。お料理に例えれば「ドレッシングを作る」ぐらいの手順です。

たとえば、冬のおすすめ。原液を手作りする「ヒアルロン酸美容液」。

キットには、25ml・1本分として、海洋深層水ベースの溶解液・つくるコスメウォーター、ヒアルロン酸パウダー、植物性グリセリン、トレハロースをセットしています。

作り方は3ステップ。まず、ヒアルロン酸パウダー入りのボトルにつくるコスメウォーターを加えます。

次に、植物性グリセリンを加えます。超さっぱり~超しっとりのレシピからお好みのテクスチャーで。グリセリンは、ヒアルロン酸と相性が良く、保湿力を高めます。

次に、カラカラに乾燥しても一滴の水で再生する砂漠植物「復活草」に含まれる成分としても知られるトレハロースを、やはりお好みレシピで。蓋を閉めて上下にシェイクし、よく混ぜ合わせます。

これで終わりなんですが、ヒアルロン酸が完全に溶けるまで少し時間がかかるので、そのまま置いておきます。今の季節ですと、約3時間ぐらいが目安です。

そして、使う前に、もう一度シェイク。これで、とろっとした感触のヒアルロン酸美容液の出来上がりです。つくるのキットのなかでは、この美容液が一番手順が多いもの。

お得なプライスのスタートキットもご用意していますので、「手作りは、はじめて」という方のデビューキットとしてもおすすめです。

[追記]写真と作り方を2012.11リニューアル製品の内容に変更いたしました。2013.1

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

乾燥対策・乾いた肌に今すぐプラスするなら

nano_01「ともかく乾燥が気になる」という時に、ワンアイテムだけプラスするとすれば、迷わず、低分子ヒアルロン酸の美容水をおすすめしています。

低分子ヒアルロン酸は、ナノサイズで角質層に浸透し、留まることで、高い保湿力を発揮する成分で、浸透型ヒアルロン酸とも言われています。

乾燥対策として、基礎化粧品をすべて変えるという手もありますが、ごくシンプルに、優秀な一種類の保湿成分をプラスするだけでも、お肌のうるおい度は変わってくるよう。
個人差はあるんですが、サンプルをお試しいただいたモニターの皆さんや、メンバーの皆さんのコメントを拝見しても、その変化を実感されている方が多いようです。

もちろん、私も使用中。頬に手を触れた時のやさしさ感というか、やわらかさ、ふっくら感が「あれ?今までと違う?」という印象。
室戸のスタッフも肌の調子が良いようで「もう手放せない」というアイテムになりました。

低分子ヒアルロン酸は、まったく粘性のない水のようなテクスチャー、ベタつき感がなく、すっと入っていくような(乾いた土がぐんぐんと水を吸い込むような)感触が特徴。洗顔後、お手入れの前にご使用いただく「ブースター化粧水」としてもおすすめです。

[追記]写真を2012.11リニューアルの製品写真に変更しました。2013.1

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ヒアルロン酸で疲れ肌対策

一週間沖縄にいたので、真夏モードに戻っていましたが、東京に帰ってきたらすっかり秋。寒いくらいですね。身体は戻りつつあるんですが、出張疲れのせいか、肌状態が今ひとつ。

応急措置として、遅いお風呂上がりに「つくる美容液ヒアルロン酸たっぷりケア」をしてみました。

つくるコスメのヒアルロン酸美容液をお使いになっている皆さんは、洗顔の時に1、2滴を泡にプラスしたり、クリームにプラスしたり、ヘアケアにプラスしたりといろいろな使い方をされているようです。

私もアレコレと試していますが、一番、いい感じなのが、この「たっぷりケア」。

洗顔後、ヒアルロン酸美容液をたっぷり肌に。マッサージほどではないですが、ゆっくりと全体にのばします。

その後、ホットタオルでやさしく押さえ、もう一度、ヒアルロン酸美容液をたっぷり。2回ほど繰り返してから、いつものお手入れをしています。

あくまで自己流ですが、私の場合は、これが効いていて、調子が悪い時は、集中ケア的に2~3日続けると、肌が、つるすべ・ふっくらを取り戻した感触に。

バランスの良い食事・ストレスのない毎日・たっぷりの睡眠・適度な運動=美肌のために、そんなライフスタイルを目指してはいるんですが…現実的には当然難しく、コスメやサプリの力も借りつつ、できないコトをカバーする日々です。

[追記]写真は旧ボトルです。2012年11月にデザインをリニューアルしました。2013.1

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ヒアルロン酸美容液・質感の違いは?

geneki使い心地や感触。肌につけた時の基礎化粧品の質感。日本女性の「質感(テクスチャー)」へのこだわりは、世界でもトップクラスだそうです。

「とろっとしてリッチな感じがいい」とか「柔らかくてすっと伸びるのが好き」とか。手作りコスメは、こうした感触の個性も、自分仕様にカスタマイズできるのが魅力だと思います。

完成した手作りコスメの質感は、レシピや材料による違いだけでなく、同じ名前の材料でも違うということがありますよね。たとえば、ヒアルロン酸もそのひとつ。

ヒアルロン酸は、その由来によって分類されていますが、最近、高分子ヒアルロン酸、低分子ヒアルロン酸という文字をよく見ます。

この高分子、低分子の違いがよくわかるのが、その質感です。

A・・・ニワトリのトサカ由来のヒアルロン酸
天然ヒアルロン酸と称されるもの
B・・・乳酸球菌醗酵法のヒアルロン酸
バイオヒアルロン酸と称されるもの
C・・・加水分解ヒアルロン酸
低分子ヒアルロン酸、浸透性ヒアルロン酸と称されるもの

この3タイプを同じ濃度の水溶液にして肌につけてみました。
分子量はA~Cの順で小さくなります

Aの感触はとろっとした感じ
BはAと比較してとろみが弱く、とろさらっとした感じ
Cは水のようでとろみ無。化粧水のような感じ

明らかな違いアリです。これが分子量による感触の差。分子量の大きい方が粘性が強く、小さい方はさらりとした感触。

市販されているヒアルロン酸系美容液の粘性、質感は、そもそもの原料の差、また、保湿相乗作用のあるグリセリンなど、粘性の高い他の成分の配合などによって決まってくるようです。

つくるコスメのヒアルロン酸は、乳酸球菌発酵法のバイオヒアルロン酸。トサカ由来と比較して価格が安く、精製技術の高いものは透明感もあり、また、グリセリン、トレハロースを加えた時の感触が、私たちも、モニターの方も「一番良い」という評価だったのが理由です。由来からくるイメージの好き嫌いもありますが。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ