カテゴリー別アーカイブ: 琉球クチャ・パック

海泥の角質ケアパック。女性自身で紹介されました

clearmask10毛穴の奥の老廃物を除去し、髪と肌を美しく若返らせる驚きの海パワー。

今、注目の天然ミネラル「海泥(かいでい)」でキレイになれる理由が今週発売の女性自身4/23号に詳しく解説されています。

おすすめ海泥ケアグッズ、角質ケアパックとして、つくるコスメの「TASU+クリアマスク・琉球クチャ」も紹介されました。

一般的なクレイと比較して極めて粒子が細かく、肌にぴたっと吸着して、古い角質や皮脂を取り除いてくれるクチャ。数年前に“魔女たちの22時”で紹介されて以来、そのパワーを実感されている方も増えているようです。

キレイな肌は落とすケアから。花粉や黄砂も気になる季節。春から夏に向けて、お肌の大掃除。おうちで沖縄エステのトリートメントを簡単に。週末のスペシャルケアにぜひ。

TASU+クリアマスク・琉球クチャについてはこちらから

送料無料のamazonでもお買い求めいただけます

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村

クチャパック・いろいろありますが

clearmask近所のドラックストアで、「TVで紹介されました」という手書きPOPと共に、袋詰めのクチャパックがありました。

おおっ、とうとうここまで広がったのね・・・と感動しつつ、ちょっと複雑。

製品の袋が、まさにクチャクチャで、美しくなかったこともあるんですが、「同じだと思われるのは嫌だなぁ」と。

つくるコスメの「TASU+クリアマスク」は、沖縄のクチャを特殊な技術で精製した化粧品原料、マリンシルトだけを使用しています。そして、他のクレイ、たとえば、ベントナイトやカオリンなどは混合していません。

なので、色は、かなり濃いグレー色。混合の場合は、白いクレイを混ぜているので、薄いグレー色になります。

もちろん、こうしたクレイも角質ケア効果があって、手作りボディスクラブなどで愛用しているのですが、クチャは、他のクレイと比較して、粒子が極めて細かいことが、最大のポイント。混ぜない、足さないが一番かと思っています。

夏にテレビで放送されてから、急に増えたクチャパック製品。沖縄でクチャに出会ったことが、コスメを始めたきっかけなので、うれしい反面、微妙・・・が本音です。

琉球クチャパック
TASU+クリアマスクについてはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

クチャパックの使い方・よく混ぜるがポイントです

clearmask07沖縄のクチャを厳選し、特殊な技術で精製・滅菌したマリンシルトと海洋深層水、海藻エキスや和漢植物エキスなど保湿成分を配合した「TASU+クリアマスク・琉球クチャ」。

休日のスペシャルケアにおすすめの泥パックは、ご使用前に、セットされているスパチュラでよ~く混ぜ合わせていただくのがポイントです。

優しくやわらかな感触、「落ちて潤う」にこだわった特別なクチャパック。界面活性剤不使用なので、はじめは、内容物が分離しています。

蓋を開けた時の見た目とシャバシャバ感で、「だいじょーぶなのコレ?」と心配になる方も多いかと思いますが、スパチュラで、ゆっくりと円を描くように全体を混ぜ合わせていただくと、写真のようにクリーミーな感触に変化してきます。

時間的には、1分程。やわらかめの生クリーム、ツノが立つくらいまでが目安です。

琉球クチャパック
TASU+クリアマスクについてはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

泥パックのルーツはイタリアに

clearmask06琉球クチャの泥パック中、ふと思い出したルーツ。はじめての泥パックは、「ボルゲーゼ」の「ファンゴパック」だったなぁ、、、と。

ボルゲーゼは、イタリアの中部、トスカーナ州の中央に位置する世界最古の温泉医学地「モンテカティーニ・テルメ」の鉱泥やハーブ、海草などを基礎にしたコスメブランド。

少しピリッとするのが特徴の火山泥のファンゴパックは、効果絶大。

日本デビューは、SPAブーム前。その新しいコンセプトに、フルラインでハマりました。

今は、どうなんだろう、、、と検索したら、日本から撤退した?青山にサロンができたりと、ずいぶん浸透している感じでしたけど。って、かなり昔?

そして、もしや・・・と棚を探したら・・・ありました!あの頃のガラス容器が!!

あまりの懐かしさに、弊社の泥パックと一緒に、記念写真を撮らせていただきました。

琉球クチャパック
TASU+クリアマスクについてはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

魔女のクチャパック、宇宙人パックとも

clearmask05今朝はガラスポールにペパーミントのエッセンシャルオイルを入れて熱湯を注ぎ、芳香浴&沖縄クチャのTASUクリアマスクでお肌の大掃除。

脳を刺激するというペパーミントの香りは、気持ちをスッキリとさせてくれます。

ところで、クチャパックをしている時の顔。色と乾いていく時の感じが、ちょっと衝撃的?

昨年のモニター調査では、「鏡の自分に笑った」「子供が怖がって泣いた」「ビールを飲んでいた夫が驚いてむせた」などのコメントも。

ある美容ブロガー様には、宇宙人パック。と紹介していただきました。確かに!!

魔女たちの22時で紹介されたクチャパック。使用シーンも魔女風かも、と思う今朝。

魔女顔後、洗い流すと、ワントーン明るい肌!!このギャップがユニークな週末のスペシャルケアです。

琉球クチャパック
TASU+クリアマスクについてはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

クチャパックと化粧品原料

clearmask03今週は、魔女のクチャ紹介の反響に驚きの1週間です。

一方で、ずっと「TASU+クリアマスク・琉球クチャ」をご使用いただいているお客様から、テレビでクチャの採取をご覧になって、衛生面についてのお問い合わせをいただきました。

私も気になったことで、先日の記事と関連しますが、要点のみあらためて記載いたします。

クチャは、沖縄の限定地域にあるものですが、つくるコスメで使用しているクチャは、「マリンシルト(海シルト)」と成分表記される化粧品原料のみを使用しています。

マリンシルト(海シルト)は、クチャを厳しく選別し、さらに、特殊な技術で、付着する不純物等を除去、精製、滅菌したものです。

つくるコスメでは、天然原料についても、化粧品に適した原料のみを使用しています。

琉球クチャパック
TASU+クリアマスクについてはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

魔女たちの22時・クチャパックのその後

clearmask02「魔女たちの22時」で沖縄のクチャが紹介された昨夜。つくるコスメでも、その直後から「TASU+クリアマスク」のご注文メールが続々と。

よく、WEBで「テレビ放映後、予約殺到!!」と紹介されている商品がありますが、こういうことか・・・と、驚きました。

そして、昨日「??」と思ったのが、いとうあさこさんのクチャ探しのシーン。海で泥を探していましたよね。

そうなんです!私も、あのようなシーンを期待して、カメラマンとともに、クチャの産地・沖縄を訪ねたんです。

つくるコスメの「TASU+クリアマスク」で使用しているクチャは、「マリンシルト(海シルト)」という名の化粧品原料。一般的なクレイ原料と比較すると高価な原料です。

琉球大学でクチャの研究をされ、この原料を開発された先生にお会いし、よくよくお話しを伺うと、マリンシルトの素材となるクチャは、現在、海にあるわけではなく、何万年もの時を超えて、地上に隆起したものであることがわかりました。

そして、常に、マリンシルトの原料にできるクチャが採取されるわけではなく、厳しく選別され、特殊技術を持つ専門工場で精製、滅菌されたものが、化粧品原料として供給されているという説明を聞き、当初予定の海、クチャ写真は撮影できませんでしたが、意義ある出張に。

広い意味でのクチャは、沖縄の限定地域で一般的に採取できます。ということだったので、昨日の魔女たちのように、海、というか、地上に近い海辺で採取されるクチャもあるということですね。

TASU+クリアマスクは、他のクチャ製品よりも、やや高額。その理由は、他の一般的なクレイ(ベントナイト、カオリン等)を混合せず、高品質なクチャ(マリンシルト)のみを使用していること、その他の美容成分を配合していること、海洋深層水の取水地・高知県室戸岬の工場で、少量ずつ、丁寧に手作りしていることにあります。

昨夜、あらためて、「クチャパック」をネットで検索してみたら、いつのまにか、商品が増えていて、これにも、びっくり!!

さらに話題となりそうなクチャですが、変わらず、大切に作り続けます!

琉球クチャパック
TASU+クリアマスクについてはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ