タグ別アーカイブ: 乾燥肌

カラカラ天気・砂漠のように乾く肌

oil0102それにしても乾燥が激しいですね。東京では22日連続で乾燥注意報。全国的にもカラカラ天気が続いているようです。

肌の乾燥は、外気の乾燥、湿度の低下だけが原因ではないものの、化粧水、美容液では足りない感じ。

いつもは夜だけのオイルを朝も使用。この数日は、驚くほどグングンと浸透して、まさに砂漠状態の肌??

そういえば、「砂漠からの驚異の贈り物」と呼ばれるホホバオイルの原料、ホホバの木は、灼熱の砂漠で、年間たったの20mlの降雨量しか必要としないとか。すごい生命力!!

このホホバオイル、インディアンが、砂漠の乾燥の影響に対処するために使用していただけあって、大人肌の乾燥にもレスキューパワーを発揮してくれます。

植物オイルは、同じ種類のオイルでも、ベタつくと感じる日もあれば、グングン入る日もあって、肌の状態によって、微妙に使用感が違います。

まずは、1~2プッシュで様子をみて、もの足りなければ、もう1プッシュと重ねづけ。毎日、使っていると、その日の肌状態を、オイルが教えてくれる気がします。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

お風呂上がりは30秒以内に基礎化粧品を

bathtime温泉でまったり過ごしたくなる寒い休日。

手軽なところで、入浴剤=ツムラの「日本の名湯」を日替わりで。昨日は山代温泉、今日は道後温泉と、ある意味、贅沢な感じです。

乾燥した冬でも、お風呂上がりは、たっぷりと水分を蓄えている肌ですが、この水分、そのまま放置しておくと、急速に蒸散してしまいます。

入浴後の角質水分量の変化を見ると、なんと30秒後にガクンと減少していくというデータが!!

着替えてのんびりお手入れ、よりも、タオルドライをしたら、すぐにスキンケアをスタートした方が、うる肌キープに効果的。

化粧水だけでなく、美容液、クリーム、オイルなど、いつものステップを早めに完了した方が良いよう。

冬の乾燥対策はスピードもポイントになりそうです。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

かわいたオンナはモテません?

kawaita明日は、バレンタンインDAYですね。

毎年、得意先に送り続けるチョコレート・・・気にはしていたものの、グッとくる逸品が見つからないまま、この時間に・・・・しまった・・・・宅急便は、もう行ってしまいました・・・。

とりあえず、チョコレートの写真を添付メールで送るとか??駄目ですよねぇ、やはり・・・何か、フォローを考えます。

バレンタインと言えば・・・昨年、「マイナス5歳肌を目指す」の特集で、TASU+シリーズのヒアルロン酸美容液を取り上げてくださった、携帯サイトのスーパーボディ様。

今回は、バレンタインにあわせてスタートした「ヘア、スキン、ボディにうるおうアイテム=かわいたオンナはモテません」という特集で、TASUの美容オイルを選んでいただきました。ありがとうございます。

スーパーボディ=略して「スパボ」は、ダイエット、ビューティ、ココロ、カラダの4つのカテゴリーでイロイロな情報提供をしてくれるサイト。

美容系だけでなく、体の不調についてなど、わかりやすく役立つ情報が多くて、個人的にも、時々アクセスしています。有料制ですが、無料で読める記事も充実しているので、お休み前の携帯読書にもおすすめです。

それにしても、「かわいたオンナはモテません」・・・力強いコピーですよねぇ。いや、おっしゃる通り、みたいな。

モテはともかく、うる肌は自分のためにもキープしたいもの。美容オイル、スパボ様でも好評だといいんですけど。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

カサカサ砂漠肌にオイルの癒しを

oil_1204美容オイルは、昔から愛用されているアイテムですが、このところジワジワと人気上昇中。

一言に「オイル」と言ってもいろいろな種類がありますが、大きく分けると、鉱物・植物という由来別。

一番わかりやすいのは「とろっとのびる滑らか感」と「すぅーっと入るさらっと感」というテクスチャーの差だと思います。

エステサロンのマッサージで使用されているオイルは、とろっとしたタイプが多いですよね。手の滑りが良くマッサージがしやすいということもありますし、あのとろとろっと、まったりとした感触こそエステの至福!!身も心もとろける心地良さがあります。

一方、自宅で使うオイルは、乾燥が気になるフェイスやボディにのばしたり、肌がカサカサ、疲れているみたい・・・と感じる時に、少したっぷりと顔に伸ばして優しくマッサージしたりという方が多いので、どちらかと言えば、ベタつき感のないさらっとしたテクスチャーの方が使いやすいと思います。

つくるコスメから新発売の「TASU+トリートメントオイル・モイスチャーブレンド」は、「肌に良い」と定評のある6種類の植物性オイル+美容成分をブレンドした、フェイスにもボディにも使える美容オイル。

このブレンドでこだわったのは「さらっとしてベタつかない感触」と「浸透性」。スペシャルケアはもちろん、デイリーケアにもクリームの代りとしてお使いいただける仕上がりです。

最近、私が気に入っているのは、たっぷりオイル+ホットタオルのナイトケア。ゆっくりと優しく顔全体に伸ばして、手のひらで包むくらいに。そして、ホットタオルで温めてさっぱりとした後、化粧水、美容液といういつものケア+1~2滴のオイルというお手入れです。

翌朝の肌の調子がかなり良くて、頬に触れると、ふんわりとした感触を感じています。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

食事で美肌・ショウガで乾燥肌対策

ginger寒さも本格的になってきて、ふと目についたのが雑誌のショウガ特集。

ショウガは、昔から漢方処方にも用いられていて、胃薬としても知られています。

体を温め、血行を促進する効果があることから、冷え性や肩こりにも効果的。血流改善、代謝アップという流れで、肌の乾燥対策にもパワーが期待できそう。

アーユルヴェーダの先生からは、「冷たいものは駄目ですよ。飲むなら、白湯かしょうが湯を」と、サロンに行くたびに(夏の暑い時期から)注意を。インド古来の伝統医学の教えは、ともかく冷たい飲み物はNG。

体のなかから美しく、元気になるためには、きれいな水を沸騰させ、人肌程度に冷ました白湯か、しょうが湯を飲むように。と言われます。

冬は、肌だけでなく、体内の水分も奪われやすいそう。温かい飲み物でも、緑茶やコーヒーなどカフェインが入っている飲み物は良くないんだそうですよ。利尿作用があるので水分が排出されてしまうというのが、その理由。ただ、紅茶はOKとのこと。

雑誌で推奨されていたのは、ショウガの蜂蜜漬けを作ってお湯や温めた牛乳で混ぜる「ホット・ハニージンジャー・ドリンク」。

なかなか美味しそうなんですが、只今、深夜・・・流石に、今から蜂蜜漬けを作る元気はないので、紅茶に、チューブのおろしショウガと蜂蜜を入れてみました。

味は・・・美味しいかも!!まさに、ジンジャーな感じ=おすすめです。

温かい飲み物は、朝一番で飲むのも効果的とか。体とお肌の乾燥対策、明日の朝も、作ってみることにします。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

乾燥対策・乾いた肌に今すぐプラスするなら

nano_01「ともかく乾燥が気になる」という時に、ワンアイテムだけプラスするとすれば、迷わず、低分子ヒアルロン酸の美容水をおすすめしています。

低分子ヒアルロン酸は、ナノサイズで角質層に浸透し、留まることで、高い保湿力を発揮する成分で、浸透型ヒアルロン酸とも言われています。

乾燥対策として、基礎化粧品をすべて変えるという手もありますが、ごくシンプルに、優秀な一種類の保湿成分をプラスするだけでも、お肌のうるおい度は変わってくるよう。
個人差はあるんですが、サンプルをお試しいただいたモニターの皆さんや、メンバーの皆さんのコメントを拝見しても、その変化を実感されている方が多いようです。

もちろん、私も使用中。頬に手を触れた時のやさしさ感というか、やわらかさ、ふっくら感が「あれ?今までと違う?」という印象。
室戸のスタッフも肌の調子が良いようで「もう手放せない」というアイテムになりました。

低分子ヒアルロン酸は、まったく粘性のない水のようなテクスチャー、ベタつき感がなく、すっと入っていくような(乾いた土がぐんぐんと水を吸い込むような)感触が特徴。洗顔後、お手入れの前にご使用いただく「ブースター化粧水」としてもおすすめです。

[追記]写真を2012.11リニューアルの製品写真に変更しました。2013.1

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

乾燥対策・まずは肌をすっきりリセット

aki01急に寒くなりましたね。秋から冬にかけての肌悩みNO1は、やはり「乾燥」です。

そもそも乾燥は、肌の水分量が減少して起こるもの。健康な肌、皮膚表面の角質層には、平均して15%~20%の水分が保たれているということですが、これが、空気の乾燥、紫外線、ストレス、加齢など、内外要因によって減少し、乾燥を招きます。

特に、秋から冬、季節が変わり、湿度が低下し、空気中の水分量が減ると、肌のうるおいが奪われやすい外的環境となります。

私たちの肌には、もともと水分を守る機能、保水能力があります。この保水能力は、皮脂膜(肌表面の水分の蒸発を防ぎ、肌を弱酸性に保ち雑菌の侵入を防ぐ)、NMF・天然保湿因子(角質細胞内の水分を保つ)、細胞間脂質(水分の蒸発を防ぎ、刺激物質の侵入を防ぐ)によって構成されています。

これらが連携して、美しい肌を保つわけですが、その働きが弱まり、バランスが崩れると、肌の乾燥を招くことに。

「乾燥には保湿ケアを」と言われますが、専門家に詳しく聞いてみると、「乾燥には、保湿メカニズムの乱れを改善するケアを」と。

肌の仕組みと働きを学びはじめると、様々な説があり、また、肌の機能も複雑に連鎖しているので、少々混乱してくるんですが、大きくまとめると、肌に水分、保湿成分、油分を与えて角質層の保湿メカニズムを補強するケアと、肌再生のために正しいターンオーバーのリズムを整えるケア。このふたつのケアがポイントに。

「まず、何をすればいいのか」と考えると、経験上は、「与える前に、まずは、土台作り。チャージの前にリセットを」と思っています。

肌が汚れた状態では、どんなに有能な保湿美容成分を与えても、その効果は半減してしまいよね。

良い例えが浮かばないんですけれど、私が長年悩んだ便秘にしても、便秘の状態で食物繊維を摂ってもお腹が張って苦しくなる・・というように、一度、リセットしてから、肌に、体に良いものを摂り入れることで、効き目も違ってくると思います。

>>つくるコスメのホームページへ

ブログランキング・にほんブログ村へ